のん(能年玲奈)はなぜ干された?奴隷契約&洗脳騒動と改名した理由の真相と億超え収入の噂!

2013年に放送され、多くに国民がハマった連続テレビ小説ドラマ『あまちゃん』で、海女さん目指す能年玲奈(のん)ちゃんが大ブレークしたよね!

でもその後、事務所とゴタゴタして、『洗脳で改名』『のんちゃんが干された』ってウワサが広まったよなあ。なんでだろう?って思ってた人も多いはず。

そんな一方で現在の能年玲奈さんの収入は1億円を超えている!?そんなのんちゃんの事件簿、ズバリ解明してやる!現在ののんちゃんの動向もチェックしてみたわよ!😇

  • 本名:能年 玲奈(のうねん れな)
  • 芸名:のん
  • 出身地:兵庫県神崎郡神河町
  • 生年月日: 1993年7月13日(2024で30歳)
  • 身長:165cm
  • 血液型:O型
  • 職業: 俳優・ファッションモデル・歌手・芸術家・YouTuber
  • 事務所:株式会社non

能年玲奈はなぜ干された?

2013年頃、ドラマ『あまちゃん』で大ブレークし、2014年頃能年玲奈さんに洗脳騒動が勃発。2015年には引退騒動。

どうやら報道リンチのような異常な報道だったなあと今では思う。現在地上波で彼女を見ることは無いので『干された』と噂で終わってるね🫠

干された理由①能年玲奈の洗脳騒動

当時能年さんの演技指導を行っていた「生ゴミ先生」と呼ばれる滝沢充子さんに”洗脳”されているというセンセーショナルな報道が過熱。

 

異常なほど報道があったから、私もなんとなく記憶にある!

 

滝沢充子さんは、なんで生ゴミ先生?先生曰く・・・・

「本気で魅力を磨かない女なんて生ゴミよ」

だそう。これで生ゴミ先生というあだ名?に(笑) 本も出版されているみたい!

能年玲奈の洗脳騒動について世間の反応

2015年当時のSNS等の世間の反応はというと・・

 

能年玲奈さんがレズだとか、黒幕は滝沢充子さんの夫だとか週刊誌に合わせて噂が飛び交ってました。

これによって能年玲奈さんは、洗脳が原因で事務所から干されたとの認識になってましたね🤔

干された理由②事務所との確執

能年玲奈さんは2014年公開の映画『海月姫』以降、一部のCM以外新たな仕事をさせてもらえない状態だったらしい。

 

『あまちゃん』以降オファーは間違いなくあったはずなのに、何故かメディアへの露出が少ない。新たな仕事をもらえないのは何故。。?

進撃の巨人オファーを断られる

2015年公開の映画『進撃の巨人』の出演も事務所側が断ったという話も。

事務所の言い分によると、能年玲奈さんに直接打診が行われていて事務所を介さずに話をしたのはルール違反だとの事だとか。

それが本当なら能年玲奈さんサイドがマナー違反だと思うけど、何か事務所との確執のようなものがあったのかも。

干された理由③新会社設立

2015年の1月頃に能年玲奈さん側が、事務所であるレプロエンタテインメントに無断で新事務所を設立したと報道が。

 

能年玲奈さん側は、これはタレント事務所ではないと反論し、事務所側に非があるという感じだったかな。

まだここだけ見ると能年玲奈さん側が、勝手なことをしているというイメージもあるよね。

事務所が色々なマネージメントを経て、ドラマの役をもらい売れたわけだから、急に抜けるのは自分勝手だと言われるのは仕方ないのかも。

自分の力で売れたと勘違いしたのかなと思ったりも?🫠

そして2016年12月28日に日刊スポーツ映画大賞の授賞式にプレゼンターとして公の場に出たのが最後、2016年の1月にCMが終了し完全に芸能界から追放という感じに。

ちなみに事務所との契約は2016年6月まで。能年玲奈さん側は契約更新の意思なしだった。

 「このままでは芸能界引退という事態にもなりかねない」

 

マスコミはどこも洗脳・独立騒動が理由での引退報道一色だった。

能年玲奈側の言い分

週間文春が2015年7月に能年玲奈さん側サイドの言い分の記事を書いていました。

 

能年玲奈さんサイドの言い分

・月給が5万円の奴隷契約。

・仕事が入れてもらえない。

・パワハラが酷い。

・引退も洗脳もウソ“報道リンチ”酷すぎます

・事実無根の記事もある

・引退する気持ちはない

 

能年玲奈さんのお母さんによると、事務所やマスコミの報道は嘘!とのこと。

能年玲奈さんは乾燥機が壊れているから洗濯しても乾かせずに次の日の用意が出来ない、でも所持金も200円で買うことも出来ない。

過密スケジュールで交通費等の日々の精算も間に合わず本当にお金が無かったようでした。これが本当なら事務所が酷すぎる。

ここまで切羽詰っていたから滝沢充子さんに相談し、面倒を見てもらう事になったのだとか・・。

能年玲奈と小泉今日子

『あまちゃん』で母役だった小泉今日子さんもこの騒動に応戦したかのようにエッセイで能年玲奈さんにメッセージを綴ってます。

 画像出典元:Google

『挫折も孤独も全て飛び越えて早くこっちへいらっしゃいという思いで能年ちゃんを見守る・・略・・すぐに傷の手当ができるように万全な対策を用意して待ってる』

小泉今日子さんの事務所は芸能界で最も影響力のあるバーニングプロダクション。バーニングの社長でも小泉今日子さんには頭が上がらないとか。

そんな小泉今日子さんのこの一言。心強すぎる。めっちゃかっこいいんだが😳

報道だけ見ていると、能年玲奈さんが洗脳されて、事務所勝手に作って、引退になったみたいな感じであやふやに。

2016年5月に小泉今日子さん(『あまちゃん』のお母さん役で能年玲奈さんと共演)の舞台についてブログに投稿!

 
画像出典元:Google

「先日、春子ママの舞台を観て来ました」


「オープニングのママが素適過ぎました。皆さんに観て欲しい~」

「それより…(小泉今日子さんが)あまちゃんと並行してこの舞台に入っていたなんて…本当にかっけえーです!」

これは事務所との契約残り期間1ヶ月とされる頃ですが、楽しそうにしてたのねん。

元事務所レプロの言い分

能年玲奈さんサイドの言い分に対して、所属していた事務所レプロエンタテイメント側の言い分はこう。

レプロエンタテイメント側の言い分

・ギャラが途中から「20万円にアップされていた」「ボーナス含めると1000万」

・生活全ての面倒を見て、レッスン代、交通費や関連費用も全部事務所側の費用で更に小遣いが5万円

・気に入らない仕事は能年玲奈側が断っていた

う~~ん。実際マーケティングとか何百万ってかかるから、事務所側がそれを回収するまでは奴隷契約のように給与激安なのも分からないでもないけど・・。

事務所側はボーナス含めると1000万円渡していたならもう証拠を出して欲しいよね~。

 能年玲奈さんに対する投資として、スタッフの人件費、時間と労力、領収書が残っているような数値化できるものを含め数千万円は下らない。そこに、ようやく『あまちゃん』で人気が出た。7~8年かけて投資したものをこれから回収するぞ!

事務所側の言い分も確かにそうだよな~という感じではある。奴隷契約言われようとも、芸能人自身もそれでも売れたいからやってるんだよね?と思ったり・・。


レプロエンタテイメントは文春に勝訴

レプロエンタテイメントは、能年玲奈さん側の言い分のパワハラなどとする記事の掲載をした週間文春に対して、裁判を起こした結果がこちら。

 

レプロエンタテイメントの勝訴になってるのよね。真実だったからなのか、証拠が無いからなのか、何かの力の結果なのかは分からない。

レプロがヤバいという世間の噂

ただ・・レプロエンタテイメントといえば、『やばい』『闇』だとか聞いたことがあるよね。多くの人が検索しています😂

 
画像出典元:Google

 

レプロのやばい噂とは

・低賃金

・枕営業の斡旋

・仕事を与えない

 

レプロエンタテイメントといえば、の噂がヤバすぎる😂能年玲奈さん以外の他のタレントさんはどうだったんだろう?『レプロエンタテイメント』に所属してた主な芸能人がこちら。

・清水富美加→出家騒動で引退


・マリエ→枕営業を強制されそうになったと暴露したことについて事実ではないと否定

・新垣結衣→大量消費されたと噂もあったが・・円満?独立

・長谷川京子→23年間所属し円満?独立

・モデルのマギー→レプロとは業務提携になり個人事務所を設立

・菊地亜美「私はレプロに所属して10年ちょいだけど、沢山お世話になってるし毎日楽しく仕事してますよ」発言。

円満独立する人も居れば、騒動になり引退される方も居たり。上手く枕して、事務所に貢献した人は円満なのか・・も?と思っちゃったりしたけど、本当かどうかは不明で真実は闇の中。


能年玲奈はなぜ芸名を変えたのか?

能年玲奈さんは2016年頃から、芸名が『のん』に。

 

え~と能年玲奈さんは『能年玲奈(のうねんれな)』が本名です!

なのに本名が事務所の許可なしに使えないとんでもない事態に😂

事務所を移籍したら芸名を名乗れない!?

「乙」は能年玲奈・「甲」はレプロエンタテイメント

〈乙がこの契約の存続期間中に使用した芸名であって、この契約の存続期間中に命名されたもの(その命名者の如何を問わない。)についての権利は、引き続き甲に帰属する。乙がその芸名をこの契約の終了後も引き続き使用する場合には、あらかじめ甲の書面による承諾を必要とする〉

レプロエンタテイメントの契約で『能年玲奈』の名前は事務所のものという事なのね・・。でも本名だよ!?難しい問題~。

レプロエンタテイメント側は能年玲奈さんと話し合いが進まないことを理由に、2016年6月が契約満了のはずなのに15カ月の契約延長を求めた上に,

「契約終了後も『能年玲奈』を芸名として使用するときは許可が必要」

とかなり強気の姿勢で、能年玲奈さん側のせいで問題が解決出来ないとメディアに発信したことで、こんなに揉めてるタレント使いづらいわ!&事務所への忖度ってことで、能年玲奈さんは事実上干されたような感じに。

地上波に干された期間は7年間

能年玲奈さんの年表を見てみよう。

2013年4月:『あまちゃん』で大ブレーク

2015年:洗脳騒動

2016年:引退騒動

2023年3月:主演映画『さかなの子』で優秀主演女優賞の授賞式が地上波で放送される

なんと2016〜2023年の間、約7年間も地上波に出れる事は無かったんだ😳!

華の20代、地上波に干されたというのは、やはり事務所との揉め事は大きな代償だったのかも😳

能年玲奈の黒幕は?

それにしても能年玲奈さんのような当時まだ20代の若い子が、怖い怖い芸能界事務所と対立し、引退することは普通に考えて難しいはず。何故能年玲奈さんは出来たのか。。?

ある報道で、こそっとこの騒動の黒幕がなんとレプロエンタテイメントが傘下に入っているバーニングプロダクションの社長だと言ってました。

能年玲奈騒動の黒幕の噂

レプロエンタテイメントのH社長が、芸能界のドンとよばれるバーニングプロダクションの周防社長に対し、モメごとを起こした報復が、この能年玲奈さん騒動。

 

まさかのレプロの上部組織の、しかもドンの差金だった。。という噂。

けれど能年玲奈さんは、芸能界最恐のバーニング&レプロエンタテイメントを敵にしたから一切メディアにも出てこれず、報道リンチに合ったともされているのでどちらが真実なのか!?

能年玲奈のその後の活動は?

一応2016年7月に独立ということになり(?)、さぞかし干されて大変だろうと思いきや。。

『株式会社non』設立

株式会社nonを設立し色々活動してた!

どんな活動をしてるか見ていこう!

①芸術家のん

実は展覧会も開いて芸術家として活動していたようなのね。『アーチストのん』だそう。

 

 

絵はカラフルでポップな感じだったり独創的なものも。一時期美大生になりたいと言ってたとか。

②YouTubeチャンネル

どうやら歌も歌ったりしてアーティストとしても活動。けどアーティストとして売れてるかどうかは微妙?🤔

 
画像出典元:YouTube

 

アルバムも出したり、ツアーもしてる!

能年玲奈さんの歌への世間の反応

能年玲奈さんの歌を聴いて、世間の反応はどうやら賛否が半々な感じで分かれているよう!

歌めっちゃうまいし表現力も雰囲気もあって好き!点ったらままあDisられていると。

 

歌が下手ってわけでは無いけど、歌に向いていない。どちらかというと私もこの意見。歌手としてHITするのは相当な仕掛けがないと難しいかも!

まあ好きずきがありますし、能年玲奈さんらしく楽しく出来たら良いんでしょうね!

③CM出演

テレビ業界からは干されていたけど、『あまちゃん』としての能年玲奈さんの地名度は抜群ともあって、ローカルなCMに出演したことがきっかけで依頼が殺到したのだとか。

干された後もCM依頼殺到!

岩手銀行、神戸新聞、ロート製薬、ユニクロ、グーグル、ゴディバ、ラクスル、エネチェンジ、警視庁や大企業や官庁などすんごい(・□・;)

 

芸能界で地名度抜群となれば普通1本あたりのギャラが3000万円~だけど、能年玲奈さんは200万から高くても1000万円程度らしく、仕事が入りやすかったとか。

 

干されたのにめっちゃ順調すぎ!!(笑)

④映画の出演

映画にも普通に出演してた!

 

実はCMの流れから、映画や舞台にもオファーが殺到していたのだとか・・・

⑤独自ブランドの販売

独自ブランドも作ってる!!

 

好きな人には好きそうな個性色強いグッズたちを作っているみたいですね~。色々幅広くやってるんだ。

干されたはずが億超え収入はなぜ?

なんだか、ここまで見てきて・・・・めちゃくちゃ順調すぎるというかノリにのってるじゃん!!(笑)

やっぱり『あまちゃん』としての能年玲奈さんの地名度って凄いんだと改めて実感。勿論彼女も腐らず地道に努力したのもあると思うけど・・。

こんな彼女ですが年収は億を余裕で超えてると言われてるの!!゚|д゚))ゝ

億超え収入の理由①CM

2023年だけでも20本超え。破格のギャラで受けているということもあって、広告クライアントは延べ55社、28社が継続中だそう!

 1社につき破格の400万円程度で受けていたとしても、1億超え!!!!

  億越え収入の理由②あまちゃん

実は中国・タイ・台湾などアジア圏で大人気!!だそう!!『あまちゃん』はタイや台湾でも放送されていて認知度が高いそう。

中国語版TwitterのWeiboでも地道に活動していたり、『中国進出!!』などとも言われているみたい。

 

ロート製薬の中国全土キャンペーンにも出ていて、全面広告のバスが走っている!

この中華圏のCMギャラはいくらかは公表はされていませんが日本よりは高いとされています。

そして人気に火が付けば、、、、10数億も夢じゃないと噂されています!!

人気の裏には『あまちゃん』の地名度

ここまで見て、能年玲奈さんと事務所のどちらの言い分も正しいような気がするのねん。

今の『のん』として収入を得ているのは、かつて事務所が作った『あまちゃんとしての能年玲奈の地名度』のおかげでもある。


今の『のん』を作り収入を得ているのは、地味にでも活動を続けてきた能年玲奈さんの才能と努力のおかげでもある。

果たして『あまちゃん』でブレークしていなかったら、今の収入や道筋があったか?と思うと、難しい気もする。

能年玲奈が地上波に戻ってくる可能性

能年玲奈さんは、冷や飯を食べているかと思ったら全然違うのよ。仕事のオファーが沢山!

 

どうやら、のんさんのエージェントのコンサルティング会社「スピーディ」の福田淳社長が優秀であり人脈もすごそう。のんさんの活躍はこの方が活躍してるとか。

そしてなんとなんと!この方2023年12月に「STARTO ENTERTAINMENT」の社長に就任。この会社実は・・・!

能年玲奈が地上波に戻ってくるかも!

旧ジャニーズ事務所(SMILE-UP.)のマネジメント新会社「STARTO ENTERTAINMENT」の社長に就任。

マスコミが、これにより福田社長に忖度をし始めることが予想されてます。

 

福田社長に可愛がられている『のん』さんが、この事によりまた地上波に戻って来そうな気配がぷんぷんに・!!どんな風に戻ってくるのか楽しみですね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

error: Content is protected !!